07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

まーりぼん、ぼん♪

5歳の時にうちの子になったコーギー、まりぼんとの日々です。

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

動物でも受けられる再生医療 

まりぼん
(画像は本文とは無関係です;)

「幹細胞を用いて病気を治療する。」

再生医療のセミナーに参加してきました。

昨年、夕方の情報番組(関西情報ネット)で椎間板ヘルニアで歩けなくなったダックスが、
脂肪幹細胞療法により歩くことが出来る様になった映像が放映されました。
あの治療法ー幹細胞療法ーの飼い主向けのセミナーです。



まりぼん

脂肪幹細胞(ADSC)の適用症例として上げられた症例

脊髄系
   椎間板ヘルニア・変形性脊椎症・DM・脊髄梗塞、小脳梗塞など中枢神経系梗塞
内科系
   インシュリン依存・非依存型糖尿病・慢性膵炎・慢性肝炎・肝不全・肝硬変・腎炎・
   慢性腎疾患
自己免疫系
   乾性角結膜炎・アトピー・免疫介在性関節炎・非再生性再生不良性貧血
その他
   皮膚掻痒・骨折癒合不全


(各症例についての解説があり)
ヘルニアの症例(グレードⅣ・発症から44日後)は3回の投与で(55日後に)
普通に歩行出来る様になった症例がありました。
また、DMの症例は2頭に投与され、その内の1頭に効果が見られたものの、その1ケ月後
徐々に歩行が困難になり、元の後肢麻痺の状態になった。というものでした。





まりぼん

脂肪幹細胞を適用する際の考え方としては
・既存の治療法で効果が出なかった
・既存の治療法の副作用が出過ぎる
・既存の治療法の適用外である   ということ。

基本的には他家(違う個体の細胞)移植が可能であるので
・組織採取(全身麻酔)出来ない
・細胞を増やす時間(2W)がない
・患者幹細胞に機能異常が存在する   固体でも大丈夫だということです。


費用は一投与¥50.000


まりぼん


カフェはDMを発症する以前に、頚椎椎間板ヘルニアの手術を受け、リハビリ後に
また歩ける様になりましたが、その手術・リハビリは彼女にとって厳しいものでした。
あの時にこの治療法の選択肢があれば。
手術前に先ずこの治療法を選択していたと思います。



「・・・まだまだ知名度の低いこの治療法を、少しでも多くの方に知って頂くため、
セミナーを開催いたします。・・・」とパンフレットにありました。
そんな気持ちで記します。





まりぼん







株式会社J-ARM - 犬猫の活性化リンパ球療法と幹細胞療法 

バナー

みんなよくなるといいな。
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

page top△

« まだかな。
どっちもいやかも~ »

 

ココママさま

あの病院の症例は1例のみで、脾臓の腫瘍です。

何か、もっと出来ることないかな。
少しでもお役に立てないかな。

獣医療の進歩を願うばかりです。🙏

URL | カフェ母 #-

2015/09/10 20:52 * edit *

その効果あった子はお友達わんこかな
効果なかった子もお友達わんこの同じ病院かな
早く治療法見つかるといいなあと切に思います

URL | 京都のココママ #TT0fzUCU

2015/09/09 21:15 * edit *

らん丸ママさま

> 再生医療もやはりDMには効果が低いということなんでしょうかね。
ヘルニアの症例が133(統計時点で)なのに対してDMの症例は2例ですから、
それは何ともいえないのではないでしょうか。
ヘルニア133症例の内、効果があったのは94例(71%)で
グレード別だとグレードⅢで24/28(86%)・グレードⅣで50/65(77%)・グレードⅤで20/40(50%)
対してDMの症例は2例。
あまり参考にできる症例数ではない気がします。


もの言わぬわんにゃんこに辛い思いはさせたくない。
獣医療の進歩を願うばかりですね。

で、お財布にもやさしく(*・人・*)




URL | カフェ母 #-

2015/09/09 12:10 * edit *

ヒロ姉さま

ほんとに!獣医療の進歩を願うばかりです。

費用もね、
ずっと服用を続けないといけない薬が高価なのはとても厳しいですよね。

でも、
この5万に関しては、「え?思ったより安い!」が感想でした。
3回の15万で、副作用も、痛みも、辛さも無く、また歩ける様にしてやれるなら。
いきますよね、やりますよね、私達。( ̄∧ ̄)(_ _)

URL | カフェ母 #-

2015/09/09 11:45 * edit *

再生医療もやはりDMには効果が低いということなんでしょうかね。

医療は日進月歩と言いますが、
寿命の短いわんにゃんの医療が進歩してほしい...
再生医療の研究がもっと進んで、
一頭でも多くのわんにゃんが救われるようにと思います。
そのためには費用もね...もうちょっと...

URL | らん丸ママ #vs5oOG7A

2015/09/08 21:09 * edit *

もっともっともーっと
じゃんじゃん獣医療が進んで、
すべてのワンニャンが
穏やかに、生涯を全うできる日が来ることを願っています。

欲を言えば…費用ももうちょいお手ごろになってくれると
飼い主達の懐も穏やかなんですけどね〜(~_~;)
いつも人間の健康は後回しになっちゃうもんね。

URL | ヒロ姉 #-

2015/09/08 19:39 * edit *

page top△

 

Secret

 

page top△

 

トラックバックURL
→http://wanwanfan.blog.fc2.com/tb.php/1289-2bb3b160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

page top△